社会福祉士の採用基準

社会福祉士求人TOP >> 社会福祉士の転職の基礎 >> 社会福祉士の採用基準

社会福祉士の採用基準

社会福祉士の求人情報を出している所もいろいろとあります。社会福祉士の採用基準として重視されるのは、やはり実務経験という所が多いです。社会福祉士は国家資格で、国家試験に合格しないと活動できません。しかし資格を取ればそこでおしまいという仕事ではありません。社会福祉士の世界は、資格を取ってからが本格的な勉強のスタートといわれています。社会福祉士がお世話をする高齢者には、いろいろな人がいます。

個性の強い人もいれば、性格に少し難のある人もいます。利用者に男性もいれば女性がいるのはもちろんですし、家族がついているケースもあります。家族がいる場合には、本人以外にも家族の意向もしっかりとヒアリングしていかなくてはなりません。このようにさまざまなタイプの人と向き合って業務をしていくので、基本的な知識があればこなせる仕事ではありません。そこで実務経験を持っている人の方が、ノウハウがあって、どのようなタイプの利用者にもそつのない対応ができると評価されます。

そこで社会福祉士の採用試験を受けるときには、自分の今までの経験をアピールするように心がけましょう。今までどのような実績があるのかをアピールします。この時客観的に、「今まで何年間くらいの実務経験があって、何人くらいの高齢者の対応をしてきたか」といった数値を持ってアピールした方が、面接官にも届きやすいです。対応の難しかった利用者も中にはいるでしょうから、面接の中ではそのような利用者のエピソードを語ってみるのもいいでしょう。その時どのように対応をして、どのようなことを学んだかも付け加えると相手もあなたに関心を持ってくれるのではありませんか?

中には社会福祉士の資格を取得して、これから初めて就職する人もいるでしょう。その場合には、実務経験がありません。しかし実務経験がなくてももちろん雇ってくれる所もあります。20代のような若い人であれば、将来性を見込んで採用してくれる可能性もあります。しかし、もしほかに実務経験のある応募者がいれば、不利になってしまうかもしれません。その場合には、将来自分がどのような社会福祉士になりたいのかをアピールしてみましょう。採用基準として、仕事に対する熱意も重要なポイントに含まれます。未経験者やまだ社会福祉士としてのキャリアが少なく、これという実務経験のアピールポイントのない人もこれからどうなっていきたいかに重点を置いてアピールしていきましょう。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.