社会福祉士の求人倍率

社会福祉士求人TOP >> 社会福祉士の転職の基礎 >> 社会福祉士の求人倍率

社会福祉士の求人倍率

社会福祉士で転職を検討している人の中には、どのくらいの求人倍率になるのか知りたいという人も多いでしょう。残念ながらインターネットの情報の中には、社会福祉士の求人倍率の具体的なデータは出ていないようです。しかし高齢化社会がどんどん進んでいる現状の中で、介護や福祉関係の仕事が注目されています。社会福祉士に関しても、人気の職種になりつつあります。このため、比較的大規模の介護や福祉関連施設で条件のいい求人であれば、倍率も高くなりがちです。中には募集期限を待たずに応募者が殺到したことで、打ち切るケースもあります。常に転職を希望するのであれば求人情報をチェックし、めぼしい求人情報が見つかれば早めに応募するように心がけてください。

ところで社会福祉士は、どのような職場への就職を希望しているのでしょうか?公益財団法人社会福祉振興・試験センターという所で、「社会福祉士・介護福祉士就職状況調査結果」というデータを公表しています。その中の2012年度のデータによると、社会福祉士の就職先として最も多かったのは、高齢者福祉関係の施設で44.2%もありました。次いで障碍者福祉関係の施設が16.9%、医療関係の施設に就職している社会福祉士が14.5%となりました。

社会福祉士というのは介護の関係で仕事をするというイメージがあって、高齢者や障碍者のための施設で勤務するものという感覚が資格取得者の間でもあるようです。この両者の施設を合わせると、実に6割の方がこのような施設に就職しています。社会福祉士もこのような高齢者や障碍者の施設にターゲットを絞って求人探しをするので、求人倍率は高くなるかもしれません。しかし病院やそのほかの施設でも、社会福祉士の求人が出ていますのでこちらの情報もチェックをすれば、意外といい条件で募集している案件が見つかるかもしれません。

より良い条件の就職先を見つけるためには、常に求人情報に目を光らせる必要があります。しかし例えば現在仕事をしている人で、転職活動もしていきたいと思っている人は転職活動には制約がつきます。自力での活動には限界があると思っているのであれば、転職エージェントを利用しましょう。キャリアコンサルタントに希望する職場の条件を伝えておけば、その条件をベースにして求人探しをしてくれます。自分で探さなくても、理想に近い条件の求人が紹介されるので、納得の転職も可能になるはずです。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.