社会福祉士のやりがい

社会福祉士求人TOP >> 社会福祉士の転職の基礎 >> 社会福祉士のやりがい

社会福祉士のやりがい

社会福祉士として活躍していくためには、さまざまな知識を取得する必要があります。医療や福祉の歴史から関係する法律まで、幅広い知識を要求されます。特に法律などは、定期的に見直しが行われます。ですから最新の法律を理解しないといけないので、社会福祉士として仕事するようになってからも勉強を続けて自分を高める必要があります。また社会福祉士は主に利用者の相談に乗るのが仕事です。そこでカウンセリングやコミュニケーションのスキルが何よりも必要になる職業です。相手の立場になって、物事を考えられるようなスキルを身に着ける必要があります。仕事をしながらスキルの向上を図るのは大変ですが、自分を高められるという部分ではやりがいに感じている人も多いです。

たとえば、カウンセリングやコミュニケーション能力をアップさせることは、仕事だけでなくプライベートでもメリットがあります。常に相手の立場に立って考える習慣をつけていれば、相手が何を求めているのかを先回りして考えられるようになります。このため、周囲の人から気配りのできる人と一目置かれるようになるかもしれません。友人から相談や悩みも持ちかけられるようになって、頼りがいのある人と周囲から慕われるようなことも考えられます。このように相手に対して提供しているはずが、実はまわりまわって自分にも返ってくるところが社会福祉士の仕事の面白い所といえます。

社会福祉士の場合、利用者と比較的密接な関係性を構築する所があります。悩みや困っていることの相談を受け、その悩み事を解決するためのアドバイスをします。そして相手がそのアドバイス通りに実践して、問題を解決できたときにはアドバイスした方も喜びを感じられるはずです。この利用者と喜びを共有できるところも、社会福祉士の醍醐味であり、この醍醐味を得ることが仕事に対するやりがいと感じている人も多いです。利用者の変化をつぶさに見られるところもやりがいといえます。

悩みを一緒に解決していくことで、徐々に社会復帰をしたり、自立したりする変化の過程が見られるのはやりがいになります。また心を開かず最初は無表情だった人が、徐々に自分のことを信頼してくれるようになり笑顔を見せてくれるようになれば、気持ちが共有できたと充実感や達成感を得られます。ほかの職業と比較すると、社会福祉士は決して給料は高くないかもしれません。しかしお金以外の部分で得られる喜びが大きいので、社会福祉士の仕事を続けている人も少なくありません。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.