社会福祉士の年収・給料

社会福祉士求人TOP >> 社会福祉士の転職の基礎 >> 社会福祉士の年収・給料

社会福祉士の年収・給料

社会福祉士の資格を活用して仕事をしている人はたくさんいて、さまざまな職場で活躍しています。このため社会福祉士としてどのくらいの給料を稼げるかは、どこに就職するかによって多少変わります。たとえば、社会福祉施設や団体に就職すると、都道府県が設置していますので地方自治体の公務員給与規定に乗っ取って給料が決められます。

常勤職員になれば、公共機関が母体なので安定した給料を受け取れます。その他にも民間の施設で活躍している人も多いです。最近では、介護施設で介護職員として働いてくれる社会福祉士を募集する求人もよく出ています。民間の場合、公共機関の給料とほぼ同程度の給料がもらえます。加えて、社会福祉士の資格があれば資格手当がつく可能性も期待できます。

ちなみに社会福祉士の一般的な初任給を見てみると、15〜17万円程度となるようです。そこから税金や保険料の源泉徴収があって手取りになると、10万円台の前半から15万円程度に落ち着くと思っておきましょう。地域によって違いがあって、都会の方が給料は高めに推移しています。学歴に関しては一部差別化を図っている施設もあるようですが、給料にあまりはっきりとした違いを出していない所が多いです。

20代の社会福祉士の場合、ボーナスが年2回出たと仮定して年収は200〜400万円程度ではないでしょうか?勤続年数が多くなればなるほど、昇給にも対応してくれます。しかしそれほど急激に給料が増えるというケースはあまり期待しないでください。給料は決して高いとはいえませんが、社会福祉士の場合福利厚生がきちんとしている勤務先が多いのはメリットです。転職先を探すのであれば、給料だけでなく福利厚生がどの程度充実しているかで比較してみるのもいいでしょう。

最近では独立型社会福祉士という働き方が注目を集めています。どこかの施設に所属するのではなく、自分で事業の運営をしていくスタイルです。具体的には介護保険の居宅介護支援事業を営むとか成年後後見の仕事をするなどです。関連する法律もいろいろとありますので、弁護士や司法書士のような法律の専門家のアドバイスを受けて独立しているケースも多いです。日本社会福祉会では、独立を支援するための養成研修なども実施しています。自分のペースで仕事をしたいというのであれば、独立する方法もあることを頭の中に入れておきましょう。転職などの進路で迷っているのであれば、一度転職エージェントでキャリアコンサルタントのような専門家に相談してみる方法もあります。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.