社会福祉士の仕事内容

社会福祉士求人TOP >> 社会福祉士の転職の基礎 >> 社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士とは、ソーシャルワーカーとも言われていて、利用者の相談を受けてその質問に関する適切なアドバイスを専門家の見地から提供するのが主な仕事です。社会福祉協議会や福祉事務所などの行政機関で仕事をしている人もいれば、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、病院などで活躍している人もいます。また相談者の中には、介護関連の施設への入所を希望している人もいます。その場合、特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどのそれぞれの相談者に適した施設を探して、入所や通所のサポートをして、円滑にサービス利用できるためのお手伝いをします。その中で、介護関連施設にいるケアマネージャーと連絡を取り合うこともあります。

社会福祉士が相談される内容は、多岐にわたります。介護保険制度に関して知りたいという人もいれば、先ほど紹介した福祉施設の入居のための手続きや、介護士の派遣が受けられないかなどの相談もあります。その他には、障碍者自立支援給付などの補助金制度があります。この補助金制度を利用するために必要な手続きにどのようなものがあるのかの相談を受けることもあるでしょう。

このようにいろいろな相談が持ち込まれますので、社会や福祉全般の知識はもちろんのこと、関連法規の知識もしっかりと習得しておかないといけません。さらには介護の基本的な知識や具体的な介護のスキル、医学、心理学の分野にわたる相談を受けることもあります。ですから社会福祉士の資格を持っているだけで安心することなく、常にどのような相談が持ち込まれてもいいように勉強を続ける必要があります。

先ほども見たように、社会福祉士の中には特別養護老人ホームや介護老人保健施設のような高齢者の入居している施設で業務することもあります。このような介護の現場で仕事をする社会福祉士の場合、介護業務も担当することがあります。食事や排せつ、入浴の介助など、利用者の必要に応じてサポートしていきます。また介護事務のような仕事内容を任されることもあります。この場合、介護報酬の明細書を作成する業務を担当する可能性もあります。

このようにどこで業務するかによって、業務内容も変わってきます。就職する前に、詳しい業務内容の確認をすることは大事です。転職エージェントに登録していれば、キャリアコンサルタントから個別の求人の紹介が受けられます。応募する前に、具体的にはどのような仕事をするのかキャリアコンサルタントに確認できますので、就職してからギャップに苦しむこともないでしょう。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.