20代の社会福祉士求人

社会福祉士求人TOP >> 条件別の社会福祉士求人 >> 20代の社会福祉士求人

20代の社会福祉士求人

20代で社会福祉士の資格を持っている人が転職したいと思うこともあるでしょう。一般的に採用情報を出す所は、若い人に仕事についてもらいたいという願望を持っています。若い人であれば、いったん雇用すれば長期間安定して戦力として活躍してくれる可能性が高いからです。このため、社会福祉士を募集している施設を見ても、20代の若い人を歓迎する求人が非常に多いです。20代で社会福祉士として本格的に仕事してみたいと思っているのであれば、慎重に求人情報を比較して、より自分の理想に近い職場を探しましょう。20代の場合、社会福祉士の資格を持っていても実務経験はほとんどない、もしくはまったくの未経験者の方も多いでしょう。

通常中途採用の場合、自分の今までのキャリアをアピールして就職します。しかしアピールできるようなキャリアがないのであれば、そのほかでアピールしていきましょう。たとえば、どうしても社会福祉士として仕事をしてみたいという熱意をアピールすることです。熱意をどのように伝えるかは、自分が社会福祉士としてその職場で実施に仕事することになった場合、どのような将来像を描いているかを話すことです。そのためには、自分がそこに就職して、3年後とか5年後どのような仕事についていたいかを考えてみましょう。このような具体的なキャリアプランを面接の場で披露することで、真剣に就職を考えていることが相手にも伝わります。その結果、採用してみようという気持ちを起こさせられます。

キャリアのまだ足りない人が社会福祉士として仕事をする場合、そこで働いているスタッフの構成をきちんとチェックすることです。指導を仰げるような先輩のスタッフが数多くいるでしょうか?社会福祉士の資格を取ってからが本格的な勉強の場とも言われる資格です。いろいろな相談者が来ますので、ケーススタディを積み重ねないといけません。いきなり責任のある仕事を任せられても、上手にこなすのは難しいでしょう。仕事をしている中で困った時に、気軽に相談できるようなベテランのスタッフがいるかどうか確認しておきましょう。また研修などを実施して、能力の向上のできるような環境が整っている職場の方がなお良いです。

社会福祉士として、スキルが高められそうな就職先を探すべきですが、なかなか自分でそのような職場かどうか見分けるのは難しいです。そこで転職エージェントを使って、プロのアドバイスを聞きながら転職活動した方がいいでしょう。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.