40代の社会福祉士求人

社会福祉士求人TOP >> 条件別の社会福祉士求人 >> 40代の社会福祉士求人

40代の社会福祉士求人

40代の方を対象にして、社会福祉士の求人情報が募集されていることもあります。40代くらいになってくると若い時に資格取得していれば、それなりの経験を積んだ人材も多くなります。そこで募集をする側は、より即戦力になる人材を求めると思ってください。

社会福祉士の活躍している職場を見てみると、30〜40代の人が中心となって回している所が多いです。つまり40代に差し掛かってくると、自分の仕事だけでなくほかの仕事の管理もできるようなマネージメント能力も要求されると思っておくべきです。もし今までに職場のリーダーや責任者として仕事をしてきた経験のある人がいれば、その部分を面接などでアピールしましょう。何人くらいのチームのリーダーとしてマネージメントを行ってきたか、チームとしてどのような実績を残してきたかについてうまく話をまとめてアピールすることです。

40代前後になって、急に介護や福祉に目覚めて社会福祉士の資格を取得したいと考える人もいるようです。基本的に社会福祉士は何歳になってからでも、資格取得できることはできます。しかし40代で社会福祉士を取得して、現場未経験となるとなかなか就職先を見つけるのは厳しいかもしれません。やはり未経験者であれば、若い人を採用したいというのが多くの介護や福祉関連の施設の本音です。40代になって一から仕事を教えても、なかなかマスターできない可能性が高いですし、やっとマスターできても定年がかなり近づいている可能性も少なくありません。採用するメリットがないわけです。40代で仕事をするために社会福祉士を取得しようと思っているのであれば、決した簡単な道のりではないということは覚悟しておいてください。ただし、インターネットなどの体験談を見てみると40代で社会福祉士としてデビューしている例もあります。

もし40代で未経験、キャリアがあまりないのであれば、それを補うセールスポイントをアピールすることです。40代になれば、それなりに人生経験も積んでいるでしょう。その人生経験の中で積み上げた引き出しの多さをアピールすることです。援助手法が多彩にあるとか、人脈を生かしてビジネスをする、情報量の多さなど、何かアピールできる材料はありませんか?もし自分でセールスポイントがなかなか見つからないというのであれば、転職サイトに登録してキャリアコンサルタントに相談してみましょう。皆さんのキャリアを見て、プラスになるポイントをアドバイスしてくれるはずです。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.