50代の社会福祉士求人

社会福祉士求人TOP >> 条件別の社会福祉士求人 >> 50代の社会福祉士求人

50代の社会福祉士求人

社会福祉士の求人を見てみると、40代くらいまでの募集の案件が多いようです。50代で社会福祉士に転職するのは、決して楽な話ではないということを理解しておいてください。50代になると、ただ単に社会福祉士としての業務がこなせるだけでは不十分といえます。自分の仕事はそつなくこなせることはもちろんのこと、管理職として仕事ができるかどうかまでチェックされる可能性は高いです。50代の社会福祉士の求人の中には、管理職とか管理候補の求人も目立ちます。管理職の適性は、社会福祉士の適性とはまた違ってきます。自分の部下の特性を見抜き、どこに人材を配置していくか、自分が面倒見ている部署全体が機能的に動けるようにするためにはどうすればいいのか、俯瞰して物事を見られる能力が必要です。

もし今まで、このような管理職で仕事のしたことがあれば、そのことを積極的にアピールすることです。管理職の経験を持っている人であれば、採用する方も雇いたいと思ってくれるかもしれません。職務経歴書や面接の場で、管理職としてどのような仕事を経験してきたのかも説明できるように準備しておきましょう。

中には50代になって、セカンドライフとして社会福祉士の資格を取得して介護の仕事をしてみたいと思う人もいるかもしれません。50代でも社会福祉士の資格を取得できることはできます。しかし働き口があるかというと、未経験者ともなればさらに条件は厳しくなると思っておいた方がいいでしょう。50代の人が仕事を覚えるころには、定年間近になってしまう恐れがあります。しかも社会福祉士というと30〜40代の方が中心となって活躍している職場です。

50代の人が入ると、周りの人も気兼ねしてしまいます。また50代で社会福祉士の初めてする場合にネックとなるのが、給料です。社会福祉士の初任給ですが、手取りで10万円台の前半という所も多いです。このような給料で、50代の方が果たしてやっていけるのかという問題もあります。実際インターネットの体験談を見てみると、ハローワークで相談したところ、他の仕事を紹介されたという人もいるようです。

経験のあるなしに関わらず、50代が社会福祉士として転職する道は決して易しくはないと思ってください。もしそれでも社会福祉士への転職を諦めきれないというのであれば、転職エージェントに相談してみましょう。転職のプロであるキャリアコンサルタントが相談に乗ってくれます。彼らのアドバイスを聞いて、身の振り方を考えてみましょう。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.