60代の社会福祉士求人

社会福祉士求人TOP >> 条件別の社会福祉士求人 >> 60代の社会福祉士求人

60代の社会福祉士求人

社会福祉士の求人を見てみると、年齢条件は別に明記していない案件もあります。しかしたいていの求人募集を出している事業所の本音は、できるだけ若い人材が欲しいというものではないでしょうか。同じ社会福祉士の求人であっても、事業所によって業務内容は変わってきます。純粋に相談業務だけを受け付けている所もあれば、介護施設のように介護職員として介助もこなさないといけないような求人もあります。

またそれぞれの事業所によって、会社風土のようなものもあります。会社の雰囲気や仕事に慣れるまでは、いくら社会福祉士としてのキャリアを持っている人でも時間がかかってしまいます。若い人であれば、じっくりと育てていって一人前になってからも長く仕事を続けてもらえる可能性もあります。しかし中高年に差し掛かってくると、せっかく自分たちのやり方に慣れたときには定年間近だったということも考えられます。

特に60代になると、採用しても数年で定年になってしまいます。このため、いくら社会福祉士の資格を持っていてそれなりのキャリアのある人でも、なかなか60代の人を積極的に採用するのは難しいのではないでしょうか?60代の方で転職を検討している人は、かなり難しくなることを頭の中に入れておきましょう。

むしろ60代であれば、どこか介護や福祉関連の施設に転職するよりも独立を検討するのもいいかもしれません。最近では、社会福祉士の資格を生かして独立開業している人も多いです。独立して具体的にどのような仕事をするかですが、介護保険の居宅介護支援事業や成年後見などの仕事があります。自分のペースで仕事ができるので、決して高い収入は得られなくても60代になってからもやりがいを持って生活が送れるはずです。

日本社会福祉士会では、養成研修なども積極的に手掛けています。独立を希望する社会福祉士に対するサポートを行っていますので、独立を検討している人は一度相談してみましょう。ただし独立する場合には、関連する法律なども理解しておかないといけません。自分で法律のことに関して勉強するのは難しいというのであれば、専門家の手助けを得ながら独立してみるのはいかがでしょうか?弁護士や司法書士の人と協力して独立しているケースもみられます。自分なりに社会福祉士に対するポリシーや考え方を持っている人もいるでしょう。その考え方を具現化して、自分のスタイルで活動できますので、検討してみる価値はあるはずです。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.