英語が活きる社会福祉士求人

社会福祉士求人TOP >> 条件別の社会福祉士求人 >> 英語が活きる社会福祉士求人

英語が活きる社会福祉士求人

グローバル社会が進んでいることもあって、どの業界でもボーダーレス化が進んでいるといわれています。このため、多くの会社で海外の取引先とビジネスをしています。よって人材を募集するにあたって、英語力のある人という条件を掲げる求人も多いです。TOEICなどの語学力試験の公式スコアが応募の条件としている求人情報もあります。しかし社会福祉士の求人に関しては、それほど英語力が重視されるジャンルではないといえます。実際、英語力をキーワードにしてインターネットで探してみても、ごくごく一般的な病院や介護施設の求人が引っ掛かるだけです。英語力が特別業務の中で要求されるような求人は、少ないでしょう。

しかし今までは語学力はさほど必要なかったかもしれませんが、これからは必要になる可能性は大いにあります。テレビニュースなどで、東南アジアから看護師や介護関連の職員の採用をしているという話を聞いたことはありませんか?介護や医療の分野は高齢化社会が今後ますます進むので、人材は必要です。しかし現時点でも、満足に人材を確保できているとはいいがたいです。

そこで東南アジアをはじめとして、不足分を海外の人材で賄うという方法が真剣に検討されています。そうすると医療や介護、福祉の分野で外国人と一緒になって業務にあたることも出てくるかもしれません。日本の看護師や介護福祉士の試験に合格してスタッフになるのは、日本人と条件は一緒です。ですからある程度日本語を話せるスタッフと一緒に仕事することになります。しかしこちらも英語をある程度マスターしておけば、意思の疎通がスムーズになります。英語力がある社会福祉士は、もし海外の医療・介護スタッフが増えてくるのであれば貴重な戦力になる可能性は大です。

また社会福祉士を対象にして、海外研修をさせている所もあるようです。国民の健康寿命を延ばすためには現在、生活習慣病の予防が何よりも重要視されてきています。生活習慣病の研究をするために、欧米に派遣され、一定期間医療や福祉施設に入って研修できる制度を設けている所もあります。このような研修に参加するためには、やはり英語力が要求されます。英語力に自信を持っている人は、そのことをアピールすれば研修メンバーにはいれるかもしれません。ただし現時点ではまだ英語力の必要な社会福祉士は少ないので、どうしてもという人は転職エージェントのような転職のプロに相談してみることです。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.