激務でない社会福祉士求人

社会福祉士求人TOP >> 条件別の社会福祉士求人 >> 激務でない社会福祉士求人

激務でない社会福祉士求人

社会福祉士として仕事をしている人を見ると、常勤の場合には朝8時から夕方5時ごろまでの勤務時間で仕事をしている人が多いです。少しずれて朝9時から夜6時といった案件も見られます。基本的に夕方までには仕事の終わる業務が多いので、夜勤を担当することはありません。ただしたまには、担当している相談業務の内容次第や福祉サービスの利用状況などによって、定時までに仕事が終了しない可能性もあります。その場合にはやむを得ず残業という形をとる場合もあります。また勤務先によっては、シフト制を導入している所もあって、仕事内容や仕事量によっては、1〜2時間程度の残業もあり得ます。

ちなみに休日に関しては、週末の土日、週休2日制としている所がほとんどです。しかし金曜日までに予定していた仕事が終わらなかった場合には、休日出勤を強いられる可能性もあります。たいていの場合、土曜日だけ出勤をして日曜日はしっかりと休息をとるスタイルが多いです。しかし担当している相談業務の進捗状況があまりはかどっていない場合には、出勤せざるを得ないこともあり得ます。祝日に関しては基本的に休みです。

社会福祉士の中には、介護施設で業務している人も多いです。介護施設の中でも通所サービスであれば、上で紹介した朝から夕方ごろまでの勤務時間となることがほとんどです。また通所サービスの場合、土日や祝日は原則として休みです。しかし入所施設で勤務をする場合、シフト制で仕事を回していきます。このため、場合によっては夜勤の担当をする場合もありますし、土日や祝日も出てきて業務に当たらないといけないケースも出てきます。介護施設で業務するのであれば、どのようなシフト制をとっているのか、事前にしっかり確認しておきたいところです。

社会福祉士の業務は上で見たように、決して激務ではありません。残業や休日出勤が時たまありますが、普通の会社に勤めているサラリーマンでも同じような条件で仕事をしている人が多いです。肉体的には激務ではないかもしれませんが、精神的な疲労度が高くなる恐れはあります。社会福祉士のもとに持ち込まれる相談の中には切実なものや生々しく深刻な悩みが持ち込まれるケースもあります。また相談業務には守秘義務がついて回ります。大きな悩み事でも自分一人で抱え込まないといけない時もあり、休日は仕事を忘れてゆっくりとしたいと思う人も多いです。この精神的に激務かどうかを見極めて転職先を探すのは、かなり難しいです。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.