児童相談所の社会福祉士求人

社会福祉士求人TOP >> 職場別の介護事務求人 >> 児童相談所の社会福祉士求人

児童相談所の社会福祉士求人

社会福祉士の就職先の中の一つに、児童相談所があります。児童相談所で社会福祉士は、児童相談員という名称で仕事をします。児童相談所には、18歳未満の子供がやってきますので、その相談や援助を行います。相談内容は多岐にわたり、非行や養護、心身障害などいろいろな案件が持ち込まれますので、子どもに関する幅広い知識が要求されます。

児童相談員の中にも2種類のタイプがあって、児童福祉司と心理判定員の2種類があります。児童福祉司とは、子どもの養育過程をはじめとして周辺環境の部分から問題点のアプローチをしていきます。また心理判定員とは、子どもの心の内面からアプローチをすることで、問題点を探っていきます。児童福祉司と心理判定員が協力することで、子どもの抱えている問題の根本からの解決を目指します。学校やほかの児童福祉関連の施設、福祉事務所とも連携をして、子どもたちの健全な育成において重要な役割を担います。

児童相談所に転職するためには、公的な福祉施設であることを忘れないようにしましょう。このため、就職する絶対条件として各自治体の主催する公務員試験を受験し、合格しなければいけません。公務員試験に関しては、各自治体が自立して行っています。そこで自分が住んでいる自治体のホームページなどにアクセスをして、試験のスケジュールなどを確認しましょう。児童福祉司になるためには、児童福祉司の任用資格を取得しなければなりません。この任用資格ですが、社会福祉士の資格を持っている人であれば得られます。その他にも精神保健福祉士の資格を持っている人も、資格取得は可能です。心理判定員は、別に必要な資格はありません。しかし大学もしくは大学院で心理学系の学科や専攻をして卒業していることが採用のための条件としている自治体が多いです。

児童相談所といわれると、子どもだけと向き合って問題の解決に取り組むイメージを持っている人もいるでしょう。しかし子供が何らかの問題を抱えているケースを見てみると、親にも問題がある事例が非常に多いです。このため、場合によっては親ともしっかりとコミュニケーションをとって、問題の本質にアプローチをかける方法をとることもあります。児童相談所に就職するためには、まず公務員試験をクリアしましょう。そのための対策ですが、書店などで公務員試験対策のテキストが販売されています。それを使って勉強する方法もあれば、通信教育を受講する手段もあります。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.