母子生活支援施設の社会福祉士求人

社会福祉士求人TOP >> 職場別の介護事務求人 >> 母子生活支援施設の社会福祉士求人

母子生活支援施設の社会福祉士求人

シングルマザーという言葉も広く日本で定着しましたが、いわゆる母子家庭で生活している世帯もたくさんあります。女性が社会に出て仕事をすることは決して珍しくはなくなりましたが、まだまだ職業の中で男女平等が実現しているとはいいがたいです。特に母子家庭の場合、子供の面倒を見ながら仕事をするのでパートタイマーなどの時間限定で仕事をしている人も多いです。そうなるとなかなか十分な収入を得られずに経済的に困窮している世帯もあります。母子生活支援施設はこのような生活の面で支障をきたしている母子家庭に対して、生活の場を提供する施設をさします。最大で子供が成人するまで入所できるような所もあります。母子生活支援施設で活躍している社会福祉士の方もいます。

母子生活支援施設の中で社会福祉士は、母親の就労援助をしたり育児や家族問題を抱えていたりしているのであればその相談対応、必要に応じて法的手続きの代行などを行います。このため、幅広い専門的知識を有していることが社会福祉士には求められます。子どもが健全に成長するためには、何がベストなのか、目の前の問題をどうやってクリアすればいいのかを家族と一緒になって考えます。最近では母子家庭も形も多様化していて、離婚したからとか未婚で出産をしたからといった母子家庭が入所するケースもあります。変化する社会的状況にも、柔軟に対応していかないといけません。

母子生活支援施設に就職する場合には、夜勤を担当することも覚悟しておいてください。入所施設なので、24時間スタッフが常駐している必要があります。最近ではDVという言葉も一般にすっかり定着しましたが、夫の暴力から避難するために母子生活支援施設に身を寄せている人もいます。このため、不測の事態に対応するために宿直で夜の8時から翌日の昼12時ごろまで施設の中に詰めることもあり得ます。

母子生活支援施設の求人状況ですが、全国で288か所しか施設自体がないのでなかなか募集が出ません。出たとしても欠員の補充が目的の案件が多いので、募集が出ても少数精鋭の採用という形をとるケースが多いです。民間の施設の場合、求人サイトなどで募集が出ることもあります。もしどうしても母子生活支援施設で仕事したいと思っているのであれば、転職エージェントに登録しておきましょう。転職エージェントの中には、福祉関係の求人に強みを持っているサイトもあります。このようなエージェントに登録しておけば、母子生活支援施設の求人を紹介されるかもしれません。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.