福祉事務所の社会福祉士求人

社会福祉士求人TOP >> 職場別の介護事務求人 >> 福祉事務所の社会福祉士求人

福祉事務所の社会福祉士求人

社会福祉士の資格取得をした人は、やはり福祉関係の仕事をしてみたいと思っているから勉強をしてきたはずです。福祉関係の仕事はいろいろとありますが、ひとつに福祉事務所に就職する方法があります。福祉事務所では、いろいろと市民からの相談が持ち込まれますのでそれぞれに適した、専門家の観点からのアドバイスをします。市民からのいろいろな相談に柔軟に対応するためには、幅広い知識を得ていないとなりません。社会福祉士の資格を取得したからといってそこで満足するのではなく、さらに勉強を続けてあらゆる相談に堪えられるように、日々精進する必要があります。

福祉事務所は公的な機関であり、そこに就職するということは公務員として勤務する形になります。このため、福祉事務所に就職するためには公務員試験を受けないといけません。福祉事務所にはいくつかタイプがあって、都道府県の運営する福祉事務所の他にも、市町村の運営している福祉事務所があります。前者の場合には都道府県公務員試験、後者の場合には公務員試験を受験して合格する必要があります。通常だと求人情報を見て、興味のある案件があれば応募する形式をとることが多いです。しかし福祉事務所の場合、公務員試験をクリアしないといけないので少し勝手が違います。公務員試験に合格するための受験勉強を始めましょう。

都道府県の福祉事務所にするか、市町村の福祉事務所に応募するかは、自分がどのようなスタイルで仕事をしていきたいかによって決まります。都道府県の福祉事務所は出先の事務所になり、そのほかに都道府県庁にも老人福祉課や障害福祉課、児童福祉課などがあります。それぞれ分業で業務をしているので、特定の分野で狭く深く仕事をしてみたいと思うのであれば、都道府県の福祉事務所を選択すべきです。結構福祉事務所で勤務している人を見ると、自分の受け持ちは詳しいけれども少し担当を外れると途端にわからなくなる人が多いです。

市町村の場合、福祉事務所は役所の中の福祉課が兼務していることが多いです。特に町村役場の場合、絶対的な職員の人数が少ないです。このため、一人で何役の業務をこなしていかないといけません。ケースワークや手当の支払い、予算の担当、さらには議会対応など幅広く業務をこなすことが求められます。中には先に紹介した業務を、一人ですべて担当しているような所もあります。いろいろな業務を経験していきたいというのであれば、市町村の福祉事務所に就職しましょう。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.